交通事故の裁判を任せられる弁護士とは

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 紛争

交通事故の際に、弁護士に依頼することはあるかと思いますが、弁護士に依頼をしたからといって、必ずその弁護士が万能に仕事をこなしてくれるとは限りません。

弁護士にも、交通事故に強い弁護士と、交通事故に強くない弁護士とがいますので、ただ単に、弁護士に依頼をして、その弁護士に何もかも任せきりにするのは危険かもしれません。

このページでは、交通事故の裁判を任せられる弁護士とはどんな弁護士なのか、色々と詳しく説明していこうと思います。

交通事故の示談交渉

交通事故で加害者側の損保会社と示談交渉を行う際には、損保会社の提示してくる示談額をもとにして、話し合いが行われることが多いです。

そして、損保会社が提示してきた損害賠償の提示額は、被害者自身には、高いのか安いのか判断ができませんので、ほとんど損保会社の手のひらで踊らされるような状態となってしまいます。

ですが、交通事故の被害者は、損保会社の基準に関係なく、実際の損害が出た額を冷静に算出し、支払いをこちらから請求するべきだと思います。

交通事故の過失責任分

交通事故による損害賠償額は、全ての交通事故による損害のうちの、過失責任分を支払うものです。

そして、損害の項目と、損害賠償の金額は、裁判所が過去に認めた判例や、今後裁判所が新しい判例として認めさせようとしているのもであるべきです。

ですから、交通事故の際に損保会社と争う場合には、過去の交通事故の判例をよく知っている弁護士でないと、なかなか有利に交渉を進めることは難しいでしょう。

立証方法の知識がある弁護士

また、交通事故の裁判を任せられる弁護士は、交通事故の立証方法の知識をしっかり有した弁護士や、工学鑑定人とのネットワークがあったり、弁護士自身も交通事故に関する知識が豊富な弁護士が、安心して裁判を任せられる弁護士であると思います。

逆に、立証方法を全く知らないかったり、過去の判例をほとんど知らない弁護士の場合、依頼をした被害者の要求している損害賠償額をそのまま迎合して、裁判で賠償金を要求する弁護士では、なかなか裁判でうまく駆け引きをすることはできないでしょう。

ただ事件処理をする弁護士

あと、すぐに損害賠償金の額を算出することができずに、損保会社から損害賠償額が提示されるのを待ち、その提示額をもとにしてしか、損害賠償額を駆け引きできない弁護士もあまりよくありません。

なかなか素人が弁護士の技量を調べることはできないと思いますが、できれば、弁護士に相談をしに言った時に、診断書などを見て、すぐに損害賠償額の見積もりができるような弁護士を選んだほうがいいでしょう

そういった弁護士なら、安心して裁判を任せられるはずです。

裁判期間や裁判費用もすぐ分かる弁護士

また、損害賠償額だけではなく、裁判期間や裁判費用もすぐに分かるような弁護士なら、交通事故に関して、強い弁護士であると判断ができます。

交通事故で裁判にまで発展するようなケースでは、弁護士の力量次第で裁判結果が大きく代わることもよくありますので、弁護し選びは慎重に行ったほうがいいでしょう。

弁護士に相談する

相談者によっては、無料相談所を何か所も歩き回り、どう判断したらよいか混乱してしまっている人もいます。このような場合にはもう相談所をわたり歩くことはやめ、費用はかかりますが、自分の立場を代弁してもらうために弁護士に頼むのがよいでしょう。

頼まれた弁護士は、何が相談者のもっとも有利となるかを判断し、相手と交渉してくれるからです。言えないこと勝訴、和解、示談等により紛争解決の見込みがあるものや、自己破産で免責の見込みがあるものも含まれます。

相談所を利用する

弁護士に相談する以外にも、相談所を利用する方法もあります。相談所では、相談時間は概して三〇分から一時間です。よほど相談したいことの要点を要領よくまとめておかなければ、十分な相談を受けられないことになります。

相談者によっては、とりとめのない、要領をえないことを次から次へと話し、結局何を聞きたいのかわからないことがあります。少くとも、事故状況の概略図を作成し、聞きたいことのメモぐらいは作っておかなければ、実のある相談とはならないでしょう。

素人目で必要ないと判断しても、門家からみれば大事な書類であったりすることもあります。しかし、どのような場合でも診断書、診療報酬明細書、後遺障害診斷書、所得証明書だけはとりそろえなければなりません。これだけの書類があれば、損害の大きな部分がわかり、損害額についても大体の目安がつくからです。

また、自分でその交通事故について整理し、聞きたいことをまとめることは、それによって事故全般をより把握できるようになり、相談者にとってもとてもよいことです。

スポンサーリンク



関連記事

no image

調停手続きと必要な費用

・調停手続きと必要な費用 「問い」 調停なら費用も安くて手続きも簡単だと聞きましたが、ど

記事を読む

no image

裁判に時間をかけて高額な賠償金の判決を勝ち取っても

・裁判を仮差押えして有利にすすめる 「問い」 裁判に時間をかけて高額な賠償金の判決を勝ち

記事を読む

no image

訴訟は弁護士でないと起こせないの?

・訴訟は弁護士でないと起こせないの? 「問い」 弁護士を頼むほどの事故ではないので、自分

記事を読む

no image

調停を上手に利用するには

・調停を上手に利用するには 「問い」 タクシー会社の事故係と交渉したのですが、決裂しまし

記事を読む

no image

訴訟費用がないときはどうする?

・訴訟費用がないときどうする? 「問い」 一年経った今も治らず、仕事も休んでいます。交差

記事を読む

no image

即決裁判を拒否すれば正式裁判に

・即決裁判を拒否すれば正式裁判に 従来、交通事件については、交通事件即決裁判手続法がありますが

記事を読む

no image

胎児である間に受けた不法行為よって出生後に後遺障害が残存した場合

胎児である間に受けた不法行為よって出生後に傷害が生じ、後遺障害が残存した場合には、加害者に対して損害

記事を読む

no image

公判ではどんな準備をしたらよいか

・公判ではどんな準備をしたらよい? 「問い」 弁護士に任せてあるのですが、忙しいのか詳し

記事を読む

no image

調停は判決と同等の効力を持ちます

調停は、判決と同等の効力を持つものです。 調停は、交通事故の際に、被害者と加害者が示談交渉で解

記事を読む

no image

略式裁判の手続きによるケースが大半

・略式裁判の手続きによるケースが大半 交通違反のほとんどは交通反則通告制度という行政処分により

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
インターネットを利用しての自動車保険見積りサイト

実的にインターネットを利用しての自動車保険見積りサイトは、「知る人ぞ知

no image
自動車保険はできる限りリーズナブルが良いです

自動車保険はできる限りリーズナブルが良いですよね。自動車保険で良い評判

no image
自動車保険のランキングや周りの口コミはまず目安程度にして

色んな会社へ一社ずつ自動車保険に関した見積もりの提出を頼んでいると、考

no image
自動車保険についての比較サイト-自分に相応しい補償と特約

たくさんの評判をあなた自身で取捨選択して、有益な自動車保険に入ってくだ

no image
生活基盤が変化するタイミングで自動車保険の見直しを実施すると

個別のサービスで、見事な特典が貰えたり、保険のサービス中身が違ってきま

→もっと見る

PAGE TOP ↑