交通事故の示談交渉で被害者が請求額を提示する

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 示談交渉

交通事故の示談交渉では、被害者が請求額を提示することで、示談交渉を早く進展させることができます。

示談交渉では、加害者側に保険会社の担当が来た時には、スムーズに示談交渉の話が進むのですが、加害者本人と被害者が示談交渉をする場合に、なかなか具体的な金額の話に触れることなく、無駄に長い時間を要してしまうこともよくあるようです。

交通事故の示談交渉は、加害者の謝罪などのことももちろんあるのですが、一番大事なのはお金の話なのですから、わざわざ時間をかけて交渉をしていくこともありませんし、被害者側から積極的に請求したい額を、加害者に提示すればいいと思います。

これは、法律的に言っても、示談交渉時に、加害者から損害賠償金の提示をしないといけないとか、被害者から損害賠償金の提示をしないといけないといった決まりはありませんので、別に遠慮しないで、被害者から積極的に請求をしてもいいのです。

ただし、被害者から損害賠償金の請求を行う場合、大雑把に100万円とか200万円などと請求をしないで、細かく明細を書いた請求書を提示しないといけません。

請求できる最大の金額を割り出す

これは、示談交渉において、最も重要なことで、被害者が一番気をつけないといけないこととも言えますので、明細を作る場合には、可能な限り詳細な計算をし、できるだけ請求できる最大の金額を割り出さなければいけません。

可能な限り高額な請求をすると聞くと、たちの悪いように聞こえるかもしれませんが、これは、もちろん合理的な範囲内で最大の金額を算出するということであり、示談交渉では、最初に大きな請求額を提示しないと、後からどんどんと請求額が下がってくる場合がよくあるからです。

もしも示談交渉で、双方が納得せず、なかなか交渉が進展しない場合に、被害者の請求額と、加害者の提示額を足して2で割るようなことになることが多く、そうなった時のためにも、できるだけ大きい請求額を最初に提示しておいた方が、良いと思います。

いくら自分が被害者だとはいえ、なかなか遠慮してしまって、大きな損害賠償額を請求できないとは思いますが、被害者には「損害賠償請求権」という権利を持っているのですから、遠慮をする必要はありませんし、多くの示談交渉では、最初に請求した金額よりも、低い額になることが多いですので、最初に大きな金額を請求しておいた方がいいのです。

これは、示談交渉だけではなく、裁判を例にとってみても、最初の原告の損害賠償請求額が、後の判決結果などに大変大きく反映がされますから、やはり、最初が肝心であり、遠慮をして最初から少ない額の請求をすることは、良くありません。

この、最初にできるだけ大きな損害賠償額を請求する方法は、示談交渉のプロである、交通事故に詳しい弁護士も使っている手法のようですし、こういった場合には少々強気に押すようなことも必要なことだと思います。

ただし、何度も言いますが、これは、公理性のある範囲内で、一番大きな額を請求すると言っているだけで、合理性のない、法外な金額を請求することは、やってはいけません。

スポンサーリンク



関連記事

no image

交通事故示談で交渉加害者を直接の交渉相手にできないのでしょうか?

・保険会社を相手のトラブル 「問い」 加害者を直接の交渉相手にできないのでしょうか。交通

記事を読む

no image

交通事故で示談屋にひっかかった場合の対処法

交通事故で示談屋にひっかかった場合の対処法を紹介します。 示談屋というのは、もしも示談交渉に加

記事を読む

no image

内容証明便でプレッシャーを与える

内容証明便で、加害者にプレッシャーを与えることにより、和解を図る方法があります。 通常であれば

記事を読む

no image

示談交渉の開始時期はどう決めるか?

・示談交渉の開始時期はどう決めるか 「問い」 完治まで後三か月ほどかかるとのことですが、

記事を読む

no image

和解の進め方に関する注意事項

判決ですと、敗訴した方は不満ですから、なかなか判決通りに支払わず、強制執行という手続きを改めて取らな

記事を読む

no image

弁護士を選ぶ際に注意すること

弁護士を選ぶ際に、注意することなどを紹介したいと思います。 交通事故で、被害者が加害者と示談交

記事を読む

no image

うっかり示談をすると大変?

示談とは何でしょうか?最近、Aの会社の事故係が来て早く示談にしてくれ。示談をしないと治療費や慰謝料が

記事を読む

no image

示談の中心はやはり誠意

示談には、技術とか、駆け引きが必要なことは認めますが、中心はやはり誠意だと思います。こんな例がありま

記事を読む

no image

示談書の作成に当たっての注意点と示談書の書式

・示談書の作成をするときの注意はどんなことか 「問い」 示談書の作成に当たっての注意点と

記事を読む

no image

示談が不完全なら労災は給付されるという問題

たとえば、会社の仕事中に自動車事故にあい重傷を負った人がいるとします。この人は、加害者との間で七〇〇

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

no image
インターネットを利用しての自動車保険見積りサイト

実的にインターネットを利用しての自動車保険見積りサイトは、「知る人ぞ知

no image
自動車保険はできる限りリーズナブルが良いです

自動車保険はできる限りリーズナブルが良いですよね。自動車保険で良い評判

no image
自動車保険のランキングや周りの口コミはまず目安程度にして

色んな会社へ一社ずつ自動車保険に関した見積もりの提出を頼んでいると、考

no image
自動車保険についての比較サイト-自分に相応しい補償と特約

たくさんの評判をあなた自身で取捨選択して、有益な自動車保険に入ってくだ

no image
生活基盤が変化するタイミングで自動車保険の見直しを実施すると

個別のサービスで、見事な特典が貰えたり、保険のサービス中身が違ってきま

→もっと見る

PAGE TOP ↑